退職願いの書き方
退職願いの書き方

退職届けと退職願いの書き方

退職届けと退職願いの書き方

 

ま、退職願いの前にやるべきこととかあるんじゃなかろうか。

退職届けと退職願いの書き方といってもただただ書いてもダメだしね。 

書いたとしても「退職届け」と退職願いって実はぜんぜん違うものだって事も把握しなくちゃね。

っていう自分が実はわからなくて調べてみたんですが・・なるほどでした。

分からないのであれば・・・・どっか別のところでお調べになってくださいませ・・・。

分かった人はちょっとやっておくかなければいけない事があります。

それは・・・・家族に相談することです!

まだの方は、した方が身のためです・・・・しかもかなり最初の段階として重要な事です。

その事(退職届けと退職願いの書き方)も含んで日本においては「退職」とか「転職」というのは、

なんだかんだ言って、まだまだ明るく認知されているという風にはなってませんよね・・・

特に終身雇用時代に社会人だった世代の人たちはとかま、タチの悪いのが団塊世代とか・・・

ひとつの会社という組織の中でどんなにわが身がボロボロになろうとも勤めること・・

いや、組織の中に身を置くことで安心感を得、それを美徳として、「一般常識」として

分けのわからんどっかの北の方の国の思想のようなものを持ち、

そう考えている人たちが多くいるからなんですけどね。。


折角の家族です。守るべきは家族ですし、守ってくれるのも家族です

なんの因果か尽くせ尽くせで、組織(企業)は絶対守ってくれませんよ。ズルイですから(笑)

ま、そうやっと気づき「退職」する人もいるとおもいますが・・

とにかく「家族」としっかり話し合い、

あなたの考え方を理解してもらうことが必要です。

退職届けと退職願いの書き方のを知る前に家族に「退職」や「転職」を了解してもらうには、

退職後の進路と、もちろん収入を計画的に示すことがどんな事よりも重要です。

退職はするけど、その後のことは分からんでは、誰が賛成しますか?

特別、莫大な資産があるかでない限り・・・・・(ちょっと大げさでした(^-^;))

そして、退職届けと退職願いの書き方を知る家族に生活があります。

クドイようですが収入の目途が説明できないような「退職」は誰もたぶんOKしないはずですよ。

仮に失業保険で収入を確保を考えているんであっても貯えの微々たる補填程度だし

その失業保険だって半年もすればもらえませんし・・・

「その後のことは後で考えるよ」ではねぇ・・マズイでしょ?

例えば、「夢」を追うにしても、悪夢を見るだけで終わってしまいますよ。

ぶっちゃけ退職届けと退職願いの書き方のを学ぶ前に上司には適当でもっともらしい理由を伝えればいいでしょう。

ぶっちゃけその上司自身の生活には、なんの関係も無いからね・・・(笑)


退職届けと退職願いの違い

退職届けと退職願いの書き方

 

「退職届けと退職願いのと書き方」・・その前にちょっとだけというのがまだあります。

退職届けと退職願いの違いと書き方、その前に・・・という事で、失業保険の事です。

あなたの会社側の都合、あなた自身定年退職の場合を以外の自己退職する場合、失業保険(公的)がもらえるのはのは、ハローワークで手続きして、それから3か月以上先になるということをです・・・。

だから退職届けと退職願いの違いと書き方の前にやっておかなくてはいけません。

最初の就職活動のその間に収入が無い状態になりますので、だいたい3か月分の生活の資金を準備してから、退職届とか退職願いを書き方を勉強してから会社に出したほうがイイと思いますょ。

失業保険(公的)の手続きを知るのが先か、退職届けと退職願いの書き方を勉強するのが先か、というとやっぱり失業保険の仕組みでしょうね。

ハローワークで失業保険(公的)を受け取る条件として、「積極的に就職活動をする!」というのが条件なの、「病気やけがのため」とか「妊娠・出産・育児のため」とか「退職して休養しよう〜」と思っている人は、いくら失業保険をかけていたとしてももらえませんよ・・・・。

「就職(転職)したくてしょうがない!」という姿勢をアピールできるという自身をつけてから退職届けと退職願いの違いと書き方を勉強しても遅くないです。

ハローワークでの手続きして1カ月前後に就職先が決まれば、たしか「就職準備金」だったか・・いくらかの資金がもらえるはずですよ!


退職届けと退職願いの書き方

退職届けと退職願いの書き方

 

退職届けと退職願いの書き方の前にと・・・散々言っておきながら・・・ま、気づいた人いるかも知れませんが

結論からいうとそんなに書き方自体は難しくありません。

一定の法則というか書式というか、そんなのに素直に従って書いていけばイイだけですから。

だけど、退職届けと退職願いの書き方の重要性より実はもっとも重要なのは、「退職」やその先の「転職」に対しての心構えだという事です。

「退職」はあくまでもきっかけにしか過ぎませんがよく考えると紛れも無くこれは「チャンス」なんで、どう心構えを持つかで転がり方が違っくるようにも思います。

退職届けと退職願いの書き方を知っていて退職し他の会社に入っても、自ら会社起こし独立という事にしても、重要なのは、まず自分にとって教訓じみた事をやっているか事とそういう事を意識する気持ちです。

退職届けと退職願いの書き方をマスターする目標より、そっちの方の目標を持ってそれが明確になればなるほど、当たり前のようにポジティブに成長一途を辿る事でしょう。

「たかが退職じゃん!」と思うと、それまでだけですが、
「この退職は言い換えればチャンスじゃないか」と思うほどに、結局は自分に帰ってきます。

テーマである「退職届けと退職願いの書き方」をマスターするという事も含め「退職」や「転職」にしろ、まして自ら起業となると、絶対的に自分の成長を意識せざるを得ないと思べきです。


退職届けと退職願いの書き方

退職届けと退職願いの書き方

 

わたしの退職感としはそこで退職届けと退職願いの書き方をマスターし上手に書けたとしても、会社を辞めてしまえば、その会社とは目出度く(?)縁が切れ、極めて関係なくなる。、

だから余計に後にも先にも立鳥跡を濁さないようしたいのが当たり前・・・退職しちゃえば、こっちのもん。

もうその職場とは関係なくなるのだから、退職願い床にホレっと放り投げ

上司と喧嘩して、序でにオレをイジメた、ムカつくあの野郎もぶん殴って半殺しにして退職してやるとか、コソコソっと、退職願いを机に置いといて、ハイ!あとは蒸発ぅ〜みたいなのとか、ズル休みして自然消滅的にに退職という風に持っていくというその種の考えは止めた方がイイよ。

退職届けと退職願いの書き方をしっかりとマスターするにしろ、退職という行為一つは、人としての成長を十分に含んでいると思います。

たかが退職じゃないか、されど退職・・。

次の会社に転職し成長性のない意識でいるか、いないかで、日常の大半を「仕事」との時間にしている我々にとって絶対に大きな差で、その醍醐味をみるか見えないまま一度きりの人生を終わるか・・・。

「退職」の事で上司と揉めようとも、成長性のある意識を確立しているのであれば、退職届けと退職願いの書き方に依存しなくても、最後にはその上司も納得し理解し、上司とのそのやりとりがまた人としての成長へと導くでしょう。

また、見ていると展望がポジティブでよい意味で前向きな人ほど、上司とモメないようにどうするかという事を考えています。

ま、そんな人は転職自体もスムーズに進みます。

退職において、退職届けと退職願いの書き方もむ苦戦するんだけど、ある程度の何がしかの揉め事を想定し、ある種の覚悟しておいた方が良いです。

あとは、世の中何事もそうなんですが、女の腐ったやつみたいにちょこちょこと汚い手を使い結果失敗するより(ま、大抵失敗している)、堂々と正直にわが道を行く方が、失敗しても納得いき反省課題も明確に見えてくるし、またちょっと人として成長できたりもします。

どうしてか?・・プロフェッショナルと呼ばれる人たちをみているとこの種の人たちが多いからです。

過去の失敗や成功の事例から生み出された正直なカタチであると思います。

もし悩んだら、退職届けと退職願いの書き方云々より、まずは嘘偽り無く、そして「正直」に振舞ったらいいと思います。


退職届けと退職願いの違い

退職届けと退職願いの違い

 

・退職届けと退職願いと書き方

退職する時に会社出す書類で「退職届」と「退職願い」の二種類があるんだけど、

どう違うんだろう・・・・と調べてみました。


・退職届けと退職願いの違いと書き方◆ 崑狄ζ呂院

退職届けは「退職します!」と言っているようなもの

職場がオッケーしている時に提出するのもので、

半ば受理される感じなんですかね・・・・


・退職届けと退職願いの違いと書き方 「退職願い」

退職願いってのは「退職させてください!!」と言うことらしぃ〜

退職届けの「退職します!」と違ったニュアンスで

「お願い!頼むから辞めさせくれ〜!!」みたいな感じですかね・・・

上司に退職の意志を伝えてない時に、「退職願い」を提出するといった感じですね!

 

・退職届けと退職願いの違いと書き方

「こんな会社っ!!」と思い、辞めようと思っていても、

そこは丁寧に「お伺いを立てる」姿勢なんでしょうね。

だから退職の承諾をもらうまでに間違って(?)気持ちが変わった場合でも、

「やっぱり辞めませ!」と撤回する事ができるという事みたいです。

退職届けと退職願いの違いを簡単にまとめると、


・退職届けと退職願いの違いと書き方ァ 屬泙箸瓠

「退職します!」と「退職してもいいですか?」 っていう感じで、

なんだかヤヤコシイけど・・・「退職願い」と「退職届」は全然別なものと考えてイイみたいですね


だけど難点が・・・・1つツッコミをいれると

あなたの会社自体が「退職願い」と「退職届」の違いを理解しているどうかは・・・っ知りませんよ。